金鉱株投資信託

金鉱株を中心とした投資信託

外国の企業の株に直接投資するのは情報不足や為替リスクによる不安が大きいことから、

 

金鉱企業を中心に投資する投資信託(ファンド)があります。

 

この投資信託を金鉱株ファンドといい、
金そのものに投資するのではなく、
世界中の金鉱山株の株式を中心に投資する投資信託です。

 

 

投資信託なのでプロの投資家が投資をするので、
情報不足などの不安は解消されます。

 

 

投資信託は金ETFのページで説明しましたが、
金鉱山株への投資とは、
金などの貴金属を採掘している企業へ投資をすることをさします。

 

 

金などの現物資産の価格上昇により大きな利益が期待できるのが今鉱山株の特徴です。

 

それは、金の価格が上昇すれば金鉱山株の価値も上がるということで、
その上、中堅鉱山会社の3社が集まり、大手の一角に食い込む構想が進むなど、

 

世界的に業界再編の動きも見えてきていて、
金生産コストが下がる可能性があり、
金鉱山株の人気が高まっているのが昨今の状況です。

 

 

日本の金鉱山株といえば、住友金属鉱山が挙げられ、
ある程度金価格との連動性はあるようですが、
住友金属鉱山は、金の他にも銅やニッケルなどを製産する製造非鉄会社です。

 

 

したがって、海外の金鉱山株ほど金の動きに敏感に反応するとはいえません。

 

 

金鉱株ファンドは一般的な投資信託同様、
1万円から購入することができます。

 

 

 

金鉱株の種類

 

・Barrick Gold(バリック・ゴールド):ABX
 カナダでの産金量最大手の鉱山会社 
 金生産量は世界1位

 

・Angrogold Ashsnti(アングロゴールド・アシャンティ):AU
 南アフリカ共和国での産金量最大手の鉱山会社

 

・Gold Fields(ゴールド・フィールズ):GFI
 南アフリカ共和国でのAngrogold Ashsntiに次ぐ産金大手の鉱山会社

 

・Fairchild Semiconductor International(フェアチャイルド・セミコンダクター・インターナショナル):FCX
 アメリカ合衆国の非鉄金属大手鉱山会社
 民間企業での銅生産企業では世界最大

 

・NEWMONT MINING(ニューモント・マイニング):NEM
 アメリカ合衆国産金最大の鉱山会社
 産金量世界2位

 

・Rio Tinto(リオ・ティント):RIO
 多種多様な資源を取り扱う世界最大級の資源企業
 世界各国に拠点を持っている

 

※ :以下のアルファベットはティッカーシンボルで、
  株式市場で上場企業を識別するために付けられる符丁のこと。
  日本の株式市場では数字での証券コードが付けられている。

 

 

 

金鉱株ファンドのメリット

 

金鉱山の投資信託の値動きは、
金価格のそれと比べるとはるかに激しい値動きをします。

 

したがって、
金に投資するよりも利益が大きくなる可能性の高い魅力的な投資方法です。

 

 

金鉱会社が採掘するコストは、
ギアリング効果によりほぼ一定しているので、
金の価格が上昇するとその上昇分の全てが収益となりますので、
金価格以上に激しい値動きをするのです。

 

 

 

 

金鉱株ファンドのデメリット

 

金価格と比べると激しい値動きをする為、
金価格が下落すればそれ以上に激しく金鉱株は下落してしまい損失も大きくなってしまう可能性を秘めています。

 

したがって、金地金や金ETFに比べると、
ハイリスク・ハイリターンな金投資といわれています。

 

 

また、金鉱山会社のほとんどが
南アフリカ、アメリカ、カナダ、オーストラリアの会社なので、
金鉱株への投資は外貨で行うことになります。

 

そのため為替相場の変動の影響を受けてしまいます。

 

しかしプロの投資家が投資をするので、
為替の変動なども気にしているので、
個人で外国株に投資をするよりも不安は少ないのかもしれません。


金貨キャンペーン開催中なので覗いてみてください!