純金積立

純金積立

 

純金積立とは、毎月一定の額で金を少しずつ購入する投資の方法です。

 

金定額積立とも呼ばれ、

 

月々1,000円から始めることのできるお手軽な投資方法です。

 

購入した金が手元に来ることはなく、取引会社に預ける形になります。

 

その間の保証は、買付報告書や残高報告書などの書類で行われます。

 

金は毎日価格の変動があるため、
高値掴みしてしまうなどのリスクがありますが、純金積立の場合は、

 

ドルコスト平均法】という方法によって、

 

リスクの回避をすることができます。

 

※ドルコスト平均法とは、

 

毎月一定の金額分を購入していけば、
価格の安いときに多くの金を購入でき、
価格が高いときには少しの金しか購入できず、
購入した全体で見れば平均購入単価を低く抑えることができる

 

金融商品の投資方法のひとつ。

 

月々の金額が少ない事や、ドルコスト平均法でのリスク低いことを考えれば、
金投資を始めようと思っている初心者に向いている投資のひとつということができます。

 

純金積立のメリット

 

最低投資額が1,000円で、1,000円単位と、
金投資の中でも最少額で投資が可能ですので、
まとまった資金がなくても小遣い程度の金額ではじめることができます。

 

金の購入代金は、
予め指定しておいた銀行などの口座から毎月自動引き落としされるシステムです。

 

毎回入金したりなどの店舗へ出掛けると言った手間が省けるので大変便利です。

 

金価格が安くなった時や、ボーナス月で資金に余裕がある時など、
スポット購入で買付金額を増やして、追加購入をすることも可能です。

 

積み立てた純金は、世界の金市場公認の金地金に交換が可能で、
金地金の他にも、金貨や金のジュエリーにも等価交換することもできます。

 

勿論、現金が必要な時には、希望の分だけの純金を売却することで、
現金に買えることもできます。

 

金の保管方法を【消費寄託】を選んだ場合には、
運用益が還元され、各種の手数料が安くなったり無料になったりします。

 

※消費寄託とは、顧客が購入した金の所有権を販売会社へ移すことで、
販売会社がその金を自由に運用できる保管方法です。
保管方法には消費寄託の他に【特定保管】という方法があります。

 

特定保管は顧客の金を販売会社の資産とは分離して保管する方法です。

 

運用はされないので運用益を得ることはできませんが、
運用の失敗などのリスクはなく、金を安全に保管することができます。

 

 

純金積立のデメリット

 

純金積立では、年会費や手数料などの費用がかかります。

 

これらの手数料は販売会社によって異なっており、
消費寄託の場合では手数料は安めに設定されているようです。

 

金地金や地金型金貨の投資ではこの費用はかからないので、純金積立ならではの費用といえます。

 

純金積立は長期的に運用することが望ましいので、
取引会社を選ぶ際には慎重に検討することをおすすめします。

 

純金積立はドルコスト平均法によって、
リスクを低く終えさえることができますが、その分リターンも低くなってしまいます。

 

ローリスク・ローリターンですが、
堅実にリターンを積み上げることが可能な投資方法です。

 


金貨キャンペーン開催中なので覗いてみてください!