金地金

金地金

金地金とは、俗にいうところの金の延べ棒のことで、ゴールドバーともいわれます。

 

ゴールドバーのサイズは、

 

5g・10g・20g・50g・100g・500g・1kgが基本サイズですが、

 

取扱会社によっては、
1gや200g・300gといったサイズも用意されていることもあります。

 

 

金地金の売買には【バーチャージ】という手数料が、
500g未満のバーにはかかるので要注意です。

 

 

 

金地金には、
表面に製造番号、製錬業者のマーク、重量、品位などがブランドによって様々刻印されていますが、
ロンドンの国際的金市場に登録された刻印のある金地金は【ロンドン・グッド・デリバリー・バー】と呼ばれ、安全性があります。

 

品位表示は99.99%(フォアナイン)のものが一般的です。

 

 

 

金地金のメリット

 

 

金の延べ棒というと「かなり高額なもの」というイメージが強いのですが、
実際は5g単位から購入することができ、最少額は2万円~3万円程度になります。

 

 

また、金地金は売却する際に譲渡所得として課税されることになっていますが、
金地金を5年以上保有することで、課税対象が売却益の半分に減額されます。

 

 

最大40%の累進課税ならば、20%も減額されることになり、
長期的な投資が目的の金投資にとっては大きなメリットになります。

 

 

金地金を購入するということは、実際にゴールドバーを手に入れるということです。

 

 

金は紙のように燃えてなくなることはありませんし、
株のように企業の破綻などで無価値になることはなく、世界中で通用する資産です。

 

 

そして、金地金は金融不安などに左右されることはありません。

 

政治経済が不安定になると安全資産としてその価値は高まります。

 

 

ここ数年の金価格が上昇傾向にあるのは、
世界的な信用不安が理由という背景がそのひとつとしてあります。

 

 

 

金地金のデメリット

 

売買する金の重量が500g未満だとバーチャージという手数料がかかってしまいます。

 

 

この手数料は、信頼のおける地金を提供する目的で、
いったん買い取った金地金はそのまま再販はせずに、
一旦溶解し検査したうえで新しい金地金を製造するのにかかる費用だとされています。

 

 

バーチャージは取扱会社によって異なるので、会社選びの際に注意が必要です。

 

 

また、購入した会社と売却する会社が異なる場合には、
売却時に査定料がかかったり、買い取りを断られる可能性もあります。

 

できるだけ購入した取引会社で売却をすることが望ましいでしょう。

 

 

金地金を自宅に置く場合には盗難リスクが発生します。

 

そのリスクを避けるためには保険に加入するという方法がありますし、
取扱会社の保管サービスを利用するという方法もありますが、
その場合には保管コストがかかってしまいます。

 

 

その他には、為替の影響を受けるというデメリットがあります。

 

金地金は通常、国債市場ではドル建てで売買されます。

 

しかし日本国内で売買する際には円建てで取引されます。

 

すると金地金の価格は、ドル円相場の動きに影響されることになります。

 

 

そのため金地金の価格の動きだけでなく、
ドル円の相場の動きも把握しておかなければなりません。


金貨キャンペーン開催中なので覗いてみてください!