金価格決まり方

金価格決まり方

国内で金の取引を行う場合には、
「1g~円」ですが、国際価格では

 

トロイオンス(TOZ)

 

という貴金属の重量単位が使われています。

 

 

これは貴金属のみに使われる単位で、
略して「オンス」と言われることもあります。

 

 

そして1トロイオンス当たりの価格は、
米ドル建てで表示されるのが基本になっているので、

 

日本国内において取引する場合には、
1g当たりの金価格を算出する必要がありますので、

 

先ず、ドル建ての金価格をその時の為替レートに沿って円価格に換算し、

 

そして1g当たりの金価格を算出します。

 

 

 

ニュース等で報道される価格がどちらの単位で表示されているのかを確認し、
取引の際には誤解のないようにすることが大切です。

 

 

1トロイオンス=約31.1035g

 

金地金の取引は、
24時間世界中で行われていますが、

 

ニューヨーク、ロンドン、チューリッヒ、香港が世界の四大金市場と呼ばれていて、

 

四大市場を中心に金市場は運動性を高めてその拡大を速めています。

 

 

 

 

金価格の決まり方

 

 

金の国際価格が決まるのは、
ロンドン市場の16:00(夏時間15:00)の
ロンドンフィキシングと呼ばれる取引で決められた価格が発表されます。

 

金の価格が決まるのは需要と供給のバランスによります。

 

たとえば、世界経済の動向やインフレへの懸念など様々な要因が影響します。

 

世界経済が低迷することで、
信用不安が拡大したとすれば投資家はリスク回避の傾向が強まり、
安全資産である金の需要が高まることで金価格が値上がりします。

 

 

また、逆に信用不安が減退すれば、
投資家はリターンを求めリスクをとるようになり株式などに投資をはじめることで、
金が売られ金貨価格は値下がりします。

 

 

 

日本国内の金価格は為替相場によっても影響されます。

 

日本国内での取引では、金の価格が米ドル建てということは、
外貨預金などと同じように、為替相場のドル円相場によっても金価格は影響を受けます。

 

 

たとえば、円高ドル安になれば円建ての金価格は下がってしまいますし、
円安ドル高になれば金価格は値上がりします。

 

 

 

その他にも手数料などによっても日本国内での金価格は変ってきます。

 

日本国名ではほとんど金は掘り出されていません。現在取引されている金は輸入したものです。

 

したがって金を輸入する際には輸入費などのコストがかかっています。

 

そのため国内の金価格はそれらによっても影響を受けるのです。

 

たとえば、金地金で購入する際には、
500g未満での購入にはバーチャージという手数料がかかり、
小口のものほど割高になる傾向があるようです。

 

またバーチャージは取扱会社によって異なります。


金貨キャンペーン開催中なので覗いてみてください!