金保管方法

金の保管方法

金を買ったはいいのですが、
どうやって保管したらいいのかがわからないという方が多いようです。

 

 

実際に金を目の当たりにして、その美しい輝きを見て、
あるいは手にしてみてそのズシリとした重みを感じて、
急に自宅に保管するのが怖くなったという方も大勢いるようです。

 

 

しかし、逆に手にとって輝きやを重さを実感できるのも金の魅力のひとつだと思う方が多いのも事実です。

 

 

そのため自宅の金庫で保管するという方も少なくはありません。

 

 

ではどのように金の保管をしたら良いの火考えてみます。

 

 

 

自宅金庫で保管する

 

 

自宅に耐火金庫や持って行かれないような金庫を用意して、金を補完する方法です。
この方法は、常に手元に金を置いて眺めたいという方に向いている方法と言えます。

 

 

 

 

金融機関などの貸金庫を利用する

 

 

実際に金の保管先に金融機関などの貸金庫を利用している方は多いようです。

 

その場合に気を付けなければならないのは、防犯システムがきちんとしているということですが、
実際に貸金庫を借りる場合にはそれなりの費用がかかることは理解しておかなければなりません。

 

貸金庫のサイズや金融機関によってもその費用は変りますが、
1ヶ月あたり数千円程度からというのが相場のようです。あまり安い貸金庫を借りて、
防犯システムがお粗末なようでは何の役にも立ちません。

 

 

ひとつが百万円を超える金なので、ある程度のコストが発生するのは仕方のないことかもしれません。

 

 

 

販売業者の保管サービスを利用する

 

 

金を販売する業者には業者が金を保管するサービスを行っている業者もあります。

 

一般的には、保管する口座を開設したり、年会費が数千円程度、
さらに手数料が金の重さによってかかるようです。

 

 

販売業者によっては、、預かった金は販売業者の金とは別に保管されるので、
もし仮に販売業者が破綻しても預かった金は保証されますし、盗難保険をかけている業者もあります。

 

 

また、外部の第三者機関に特定保管されているか同課の確認作業を依頼している業者もあり、
このような業者を選ぶことが重要になります。

 

 

 

 

純金積立を利用する

 

金地金を買わずに、純金積立で金を購入するという方法もあります。

 

純金積立では、金を積み立てて購入する仕組みなので、
自動的に購入した金は預けておくことになります。

 

勿論、純金積立は年会費や購入手数料はかかってしまいますが、
安心して金を預けておくことはできます。

 

但し、実際に金を目にすることはできません。

 

しかし業者によって異なりますが、
ある程度の量になれば現引きができるので、
その時には実際に金を目にすることもできます。

 


金貨キャンペーン開催中なので覗いてみてください!