金投資商品購入方法

金投資商品購入方法

金投資による金の購入方法は、

 

その投資方法によって異なります。

 

実際に金を購入して各自で保管したり、
金現物を買うのではなく有価証券の売買で利益を得たりする方法など様々あります。

 

 

そんな金投資の金の購入方法や投資方法を知って、
自分にあった投資方法を選んでください。

 

 

 

 

純金積立の金の購入方法

 

純金積立とは、毎月一定の額で金を少しずつ純金を購入する投資の方法です。

 

積立貯金のように、指定した口座から毎月定額が引き落とされ純金を購入します。

 

月々の金額は取扱会社によって異なりますが、毎月1,000円からはじめられる会社もあります。

 

購入は地金商や、鉱産会社、商社、宝石商、証券会社、銀行や信用組合、
JAなどの預金取扱金融機関、商品取引会社、デパートなどです。

 

 

 

金ETFの金の購入方法

 

金ETFとは、金価格連動型投資信託のことをいいます。

 

金の価格に連動する債券に投資するETFのことで、ETFとは、
日経平均株価や東証株価指数といった株価指数に連動することを目的として運用される投資信託のことです。

 

金そのものを直接購入するのではなく、
投資信託ですので投資家から集めた資金で投資のプロが実際に発行額と同額の金を保有して投資をしたり、
金の価格に連動するように公社債に投資したりして得た利益を投資額に応じて分配します。

 

証券会社で購入することができ、一口1,000円から投資できる会社もあります。

 

 

 

 

金鉱株を中心とした投資信託の金の購入方法

 

こちらも金ETF同様、金関連の投資信託になります。

 

金ETFと違う点は、投資信託の内容が金そのものや金に連動するように公社債に投資するのではなく、
金鉱企業の株を中心に投資する投資信託です。

 

したがって投資会社自体は勿論、自身で金を保有することはなく、
あくまでも株式を中心とした投資信託です。

 

 

 

金地金の金の購入方法

 

金地金とは、俗にいうところの金の延べ棒のことで、ゴールドバーともいわれます。

 

サイズは、5g・10g・20g・50g・100g・500g・1kgが基本サイズですが、
取扱会社によっては、1gや200g・300gといったサイズも用意されていることもあります。

 

売買単位は取扱会社によって異なりますが、
最低単位は5gくらいが一般的で、
500gに満たない小さな単位のみでの購入にはバーチャージという手数料がかかります。

 

金地金の表面には、製造番号、精錬業者のマーク、重量、品位などが刻印され、
この刻印を見ると信頼できる会社が精錬したのか、
品位(純度)の高い金であるかなどを判断することができます。

 

 

「999.9」という表示があれば、フォーナインと呼ばれ純度は99.99%で、
日本国内で流通している地金のほとんどがこのフォーナインです。

 

その他にロンドン市場公認の

 

【ロンドン・グッド・デリバリー・バー】

 

と呼ばれるものは、世界中で通用し、
間違いなく買い取ってもらうことができます。

 

 

購入は、地金商や精錬会社、貴金属店、商社、
その他に地方銀行の支店などの金融機関などが扱っている場合もあります。

 

 

 

地金型金貨の金の購入方法

 

地金型金貨とは、投資のために発行されている金貨の一種です。

 

購入は地金商、貴金属店、鉱山会社、
銀行などの金融機関、百貨店、コインショップなどでできます。

 

 

 

金CFDの金の購入方法

 

金CFDとは、
金を商品(コモディティ)として差金決済取引(Contract for Difference 略してCFD)する金投資のひとつです。

 

差金決済取引のため、金の現物を購入しません。

 

取扱会社は、証券が社や金を扱う商社です。


金貨キャンペーン開催中なので覗いてみてください!