金ETF

金ETF

金ETFとは
金価格連動型投資信託のことをいいます。

 

 

金の価格に連動する債券に投資するETFのことで、

 

ETFとは、
日経平均株価や東証株価指数といった株価指数に連動することを
目的として運用される投資信託のことです。

 

 

では投資信託とは一体何でしょう?

 

投資信託とは、多くの投資家から資金を集め、
その資金を運用のプロが運用することで
得られた運用益を出資した投資家で分配する金融商品のことです。

 

 

これを有価証券化して証券市場に上場することで、
株のように証券会社で取引できるようになりました。

 

運用するには多少の知識は必要ですが、
株式投資を行ってきた人なら、入りやすい金投資の一種です。

 

 

金ETFは全ての証券会社で取引ができます。

 

 

 

そして、通常の投資信託では、
1日1回値決めさますが、

 

ETFは常に価格変動が反映されていますので、
リアルタイムで取引することができます。

 

 

その他にも、買いからはじめるだけでなく、
信用取引で売りからはじめることもできます。

 

 

 

金ETFではその裏付けとして、
購入金額に応じて金地金を購入・保管する仕組みになっているのが通常ですが、
一部の銘柄では裏付けが金現物ではないものもあります。

 

 

もし仮に取扱会社が破綻してしまっても、
取扱会社の資産とは別に扱われるため、
保護される仕組みになっています。

 

 

金ETFは一口3,000円から4,000円程度で投資できる会社もあり、
保有手数料もかかりませんので、手軽に投資できる金投資方法です。

 

 

現物は手にすることがなく、保証書などが送られてくるだけですが、
純金上場信託という銘柄では、実際に金の現物と交換することが可能です。

 

 

 

 

 

金ETFのメリット

 

通常の投資信託とは違い上場しているため、株式と同じように取引をすることができます。

 

リアルタイムで取引をすることができるので、より安い価格くで購入することや、
より高い価格で売却することも可能ですし、指値注文をすることもできますので、
利益が増えたり、損失が減る可能性も大きくなります。

 

 

そして、信用取引ができるので、手元に売却できるものがなくても、
証券会社から借りて売りから入ることが可能になります。

 

金価格が下落しても信用取引をすれば利益を得ることができるのです。

 

 

金ETFでかかる費用は、信託報酬と売買手数料のみで、
現物での運用の手数料よりも安くすみます。

 

 

購入した金の現物は【カストディアン】という保管会社が保管しているため、
取扱会社が破綻しても保護されますし、仮にカストディアンが破綻したとしても、同じように金は保護されます。

 

 

 

 

 

金ETFのデメリット

 

株式と同じように取引をすることはできますが、
株式のように利回りはありません。

 

 

現物の裏付けのない銘柄の場合には、
運用会社が破綻してしまった場合には、
資本が戻らない可能性を秘めています。

 

また、緊急の場合には、
解約請求が停止されたり延期される場合もありますので、
そのことは理解しておく必要があります。


金貨キャンペーン開催中なので覗いてみてください!